お財布のサポートにカードローン

「どうしても欲しいものを見ると我慢できない。お給料日前は毎月本当にピンチ。」「飲みに誘われると断れないタイプだから。お財布のお金を飲み切って次の日のご飯のことは全く考えない!」これが絶対に悪いことや、無計画すぎるから良くないと思い込まずに上手にお金を使う方法を考えてみましょう。
欲しいものが限定品だった場合、もちろん限定品でなくても品切れすることを考えたら次のお給料日まで待たないほうが良いこともあるでしょう。また婚活中などで積極的に飲み会に参加しておきたいという事情もあるでしょう。奢っておきたいという場面だってあるはずです。これを全否定するのではなく、うまく乗り切る方法を試してみませんか。
急にお金がなくなってしまったという時には、銀行カードローンがおすすめです。カードローンなら契約していれば何度でも借りることができます。何度でも借りる少額の利用であっても、オリックス銀行カードローンのような大きな限度額の借り入れがおすすめである理由はズバリ金利です。
オリックス銀行カードローンでは、限度額に応じた金利設定となっています。実際に500万円を借り入れするのではなく、限度額を500万円に設定しておけば5万円利用したとしても500万円の金利で借り入れ可能なのです。最低金利がとても低いオリックス銀行カードローンではこの利用方法が最適でしょう。
もちろん、大きな限度額を一度設定しておけば旅行や資格取得などでまとまった金額が必要な時も新たにローン契約する必要がありません。これもオリックス銀行カードローンのような低金利のローンなら、目的の決まったローンの金利と大きく違いはないのに手間はかからないという特徴を生かすことができるでしょう。これまでお金のピンチを体験したことがないという方も、余裕がある時に契約しておくこともおすすめです。まさかの時は絶対に来ないとは断言できないはずですよ。
詳細は:オリックス銀行カードローン口コミからメリット・デメリットをまとめてみた。

もしも借入額全額がまとめられないなら…

複数の借り入れをしていておまとめローンへと申し込みをした際に、現在の借入残高全てをまとめることができない場合もあります。つまりおまとめローンというものは一社で大きな金額を借りることになるため、信用度などの点から一部しか借り換えられないという審査結果が出ることもあります。
消費者金融のおまとめローンであっても、総量規制の例外となっていることが多いです。そのため総量規制のせいで全額おまとめができないというのではなく、収入と返済のバランスなどの点から審査で一部の金額なら借り換えられるということになるというケースもあると考えておきましょう。この際に借入額全額でなくても借り換えたほうがよいのか、現在のローンのままのほうが良いのかというのは、やはりどれぐらい返済額や毎月の負担を減らせるのかということで検討しましょう。
一つだけ最も金利の高いローンを借り換えるだけでも、返済総額に大きな違いがでることもあります。三つある借り入れ先のうち二つまとめることで毎月の返済日が1回減らせることになりますから、そこを重視するということもよいでしょう。
とにかく、審査の結果が出てみないと分かりませんので、審査結果が分かり次第即シミュレーションしなおすことが大切です。思った以上に低い金利で、全額まとめることができたという場合なら問題ありませんが、予定よりも高い金利で一部借り換えということになった場合にはどれぐらいの違いがあり減らせる返済額はどれぐらいなのかということを確認する必要があります。
審査ばかりは申し込んでみないとわかりませんが、申し込み前にいくつかのパターンでシミュレーションしておくとよいでしょう。とにかく自分の現在の借り入れ先と金利、借入残高をきっちりと把握しておかなければ意味がありません。おまとめの手間をかけたのにメリットが全くなかったということにはならないように、できるだけたくさんのローンを比較しておまとめ先を選ぶようにしましょう。