低金利のキャッシングカード比較ポイント

キャッシングカードを選ぶ上で重要なポイントとなるのが、借入金額に課せられる金利です。
金利が低いことは利息が低くなることに繋がるので、少しでも低金利のキャッシングカードを選ぶのがポイントです。

しかし、キャッシングカードの金利について比較しようとすると、上限金利と下限金利があることに気付きます。
金利に上限と下限がある理由は、借入金額によって異なるからです。
基本的に借入金額が少ないほど上限金利が適用されて、反対に借入金額が多くなるほど下限金利が適用されます。
ですから、キャッシュカードの会社はホームページなどに、上限と下限を表示して幅を持たせているのです。

比較したい金利に幅があると、比べるときにどちらを基準にすれば良いのか分かりません。
しかし、比べるときに基準とするのは、上限金利です。
上限金利を基準に比べる理由は、一般的にキャッシングカードの利用者は少額融資が多いからです。
少額融資を受けているだけなら、適用される金利は上限金利に近くなります。
高額な融資を受けるつもりがないのなら、上限金利を基準にして比べるようにしましょう。

キャッシングカードで上限金利が低めなのは、銀行や銀行系の消費者金融審査甘いです。
これらは他の会社よりも低金利に設定されているので、利息も低くなります。
ですから、情報収集をする際は、銀行や銀行系を中心に考えると手間が省けます。
ポイントを理解しておけば、難しいと思いがちな比較も簡単です。

関連記事