もしも借入額全額がまとめられないなら…

複数の借り入れをしていておまとめローンへと申し込みをした際に、現在の借入残高全てをまとめることができない場合もあります。つまりおまとめローンというものは一社で大きな金額を借りることになるため、信用度などの点から一部しか借り換えられないという審査結果が出ることもあります。
消費者金融のおまとめローンであっても、総量規制の例外となっていることが多いです。そのため総量規制のせいで全額おまとめができないというのではなく、収入と返済のバランスなどの点から審査で一部の金額なら借り換えられるということになるというケースもあると考えておきましょう。この際に借入額全額でなくても借り換えたほうがよいのか、現在のローンのままのほうが良いのかというのは、やはりどれぐらい返済額や毎月の負担を減らせるのかということで検討しましょう。
一つだけ最も金利の高いローンを借り換えるだけでも、返済総額に大きな違いがでることもあります。三つある借り入れ先のうち二つまとめることで毎月の返済日が1回減らせることになりますから、そこを重視するということもよいでしょう。
とにかく、審査の結果が出てみないと分かりませんので、審査結果が分かり次第即シミュレーションしなおすことが大切です。思った以上に低い金利で、全額まとめることができたという場合なら問題ありませんが、予定よりも高い金利で一部借り換えということになった場合にはどれぐらいの違いがあり減らせる返済額はどれぐらいなのかということを確認する必要があります。
審査ばかりは申し込んでみないとわかりませんが、申し込み前にいくつかのパターンでシミュレーションしておくとよいでしょう。とにかく自分の現在の借り入れ先と金利、借入残高をきっちりと把握しておかなければ意味がありません。おまとめの手間をかけたのにメリットが全くなかったということにはならないように、できるだけたくさんのローンを比較しておまとめ先を選ぶようにしましょう。

関連記事